【美肌への道のり】正しい洗顔料の選び方




コスメコンシェルジュの綾斗です。

 

みなさんは洗顔料をどのような基準で選んでいますか?

乾燥肌だから保湿成分配合のものを…
石鹸が一番お肌に優しいから…

なりたいお肌、目的によって選び方は人それぞれですが、間違った選び方をしては美肌への道は遠ざかってしまいます。

今日は正しい洗顔料の選び方をご紹介します。

最後まで読んでいただけたら嬉しいです。

洗顔料の種類

👉クリーム・ペースト状

一般的に洗顔フォームと呼ばれる商品です。

洗顔料の中でも特に多いタイプで、手軽に泡立てられるところが魅力的です。

洗浄力は弱〜強と言われています。

 

👉

ズボラ女子に人気のタイプ。

泡立てる手間がない為、忙しい朝にもピッタリ。

洗浄力は弱〜中と言われています。

 

👉石けん

使用後のつっぱり感が出やすいです。

透明〜半透明の石けんは不透明な石けんよりも使用後しっとり感があります。

洗浄力は中〜強と言われています。

 

👉パウダー・粉末

水に溶かすと徐々に活性が下がってしまう酵素の配合が可能です。

洗浄力は中〜強と言われています。

 

👉液状または粘性液状

W洗顔不要のクレンジングジェルなどが当てはまります。

アルカリ性ベースは洗浄力が強く、弱酸性ベースは洗浄力が弱いです。

その為、洗浄力は弱〜強と言われています。

洗顔料は肌タイプで選ぶ

乾燥肌の方は油分・保湿剤が多いしっとりタイプを選びましょう。

油分(ワセリン・ビーズワックスなど)セラミドを配合した洗顔料がおすすめです。

脂性肌の方は泡立ちが良く、洗浄力の高いさっぱりタイプを選びましょう。

「石けんは一番お肌に優しい」は間違い

私も以前は洗顔フォームより石けん派で、昔からある石けんの方がお肌に優しいと思っていました。

しかし、石けんは界面活性剤の一種です。

全ての石けんが洗浄力が強い、とは一概に言えませんが成分表示もチェックして選びましょう。

見た目からも洗浄力の高さがわかりますよ。

保湿力洗浄力
透明~半透明
不透明

最後に

いかがでしょうか?

夜はクレンジングをする方がほとんどだと思います。

クレンジングも洗い流す力が強いので、

夜は洗浄力が低い泡洗顔にしよう
脂性肌だから洗浄力が高い石けんにしよう

など肌タイプや場面に応じて洗顔料を変えるのも良いと思います。

私もまだまだ美肌への道のりは遠いですが、正しい洗顔料の選び方を知って肌に負担をかけないようにしましょう。

 

 

ランキング参加してます。

にほんブログ村 美容ブログ コスメレビューへにほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ

更新の励みに☝クリック☝お願い致します。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。