愛用品も紹介!コットンパックの基本手順と注意点




コスメコンシェルジュの綾斗です。

 

手持ちの化粧水や美容液で行えるコットンパック(ローションパック)を行ったことがありますか?

私はほぼ毎日コットンパックを行っています。

シートマスクよりも普段使っているお気に入りの化粧水でパックできるのがいいですよね。

今日はいくつかコットンを試してきてやっと見つけたお気に入り商品と、コットンパックの注意点を紹介していきます。

最期まで読んでいただけたら嬉しいです。

コットンパック(ローションパック)の基本手順

  1. コットンに化粧水や美容液を500円玉大ほど数カ所にたらし、コットンの隅々まで行き渡らせます。
  2. 空気が入らないように密着させ、数カ所に分けてはります。
    この時、目、鼻、口は必ず避けましょう。
  3. コットンの種類にもよりますが、置き時間は10分以内にすること。
  4. コットンを剥がしたら手のひらで優しく化粧水を肌になじませましょう。

ローションパック(コットンパック)の注意点

水には水分が少ない方に移動する性質があります。

その為、コットンが十分に湿っていないと肌の水分がコットンに移動してしまいます。

化粧水をたっぷりコットンに湿らせるか、節約したい場合は事前にコットンを水で濡らしておきましょう。

またアルコールを配合している化粧水はローションパックにより、かえって乾燥を引き起こしてしまう場合もあります。

置き時間を短くするか、アルコール配合の化粧水を避けるようにしましょう。

コスメコンシェルジュ・綾斗の手順とおすすめコットン

私はモニターで化粧水をいただくことが多いので、消費の為にも毎日コットンパックを行っています。

いくつかコットンを試してきましたが、一番おすすめなのはこちら!

コットン・ラボ
5枚重ねのめくるコットン(大きめサイズ)

¥オープン価格 70枚入

 

ショップにもよりますが、300円前後で購入できます。

パックにピッタリな大きめサイズ(60mm×85mm)で、5枚に重なっているコットンです。

同じシリーズで少し小さめなレギュラーサイズがあります。

レギュラーサイズも使用したことがありますが、やはりサイズが小さめなので顔全体を覆うことはできません。

大きめサイズなら顔全体をほぼ覆うことができるので、パックにはピッタリです。

額、頬、鼻、口にはって使用しています。

口元は呼吸ができるように一部破いて使用しています。

 

化粧水は現在こちらを使用しています。

【レビュー】こだわりはお水にあり!温泉水配合の高保湿化粧水

 

化粧水を節約したい場合はコットンを湿らせてから、と先程説明しました。

節約以外にも、とろみのある化粧水を使用する場合は先にコットンを湿らせた方が化粧水がコットンに浸透します。

置き時間は5〜10分ほどです。

その後は美容液やクリームを塗ったり、通常のスキンケアを行います。

最後に

いかがでしょうか?

肌トラブルで一番多い原因は乾燥です。

ローションパックでしっかり保湿することで、お肌がうるおうだけでなく、肌トラブル防止にも繋がります。

朝メイク前にローションパックをするだけで、日中のメイク崩れも気になりません。

大容量の化粧水もたくさん販売されていますし、手軽に購入できる100均の化粧水もいいですね。

 

ローションパックで美肌はつくれる!

 

一緒に頑張りましょう。

 

 

ランキング参加してます。

にほんブログ村 美容ブログ コスメレビューへにほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ

更新の励みに☝クリック☝お願い致します。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。